MENU

 

夏を元気に乗り切る!「オクラのスパイスカレー」

2022年07月19日更新
夏を元気に乗り切る!「オクラのスパイスカレー」

SUMMARY

  1. ・オクラのネバネバパワーが夏の体を整える
    ・一つひとつじっくり炒めて、うま味と栄養を凝縮!
    ・まとめ

日本各地、季節の逆戻りで雨模様、梅雨が戻ったような状況が続いています。

気圧の変化や高湿度から、体のだるさを感じる方も多いのではないでしょうか。

 

夏バテから食欲がない…そんな時こそしっかり栄養を補いたいところ。
紫外線が強いこの時期にダメージから肌を守り栄養が取れる、そんな嬉しいレシピをご紹介します。

 

今回は今が旬の夏野菜、オクラのカレーを料理家の志津野倫子さんに教えていただきました。 

 

手に入りやすいスパイスから作るので辛さの調整ができ、お子さまから辛いものがお好きな方までおいしくいただけます。 

旬の夏野菜とスパイスのパワーで、元気に夏を乗りきりましょう。 

オクラのネバネバパワーが夏の体を整える

 

7月~9月にかけておいしい時期を迎えるオクラ。 

オクラといえば、ネバネバが特徴ですが、この正体は“ペクチン”と呼ばれる水溶性食物繊維です。 

 

ペクチンには胃の粘膜を保護し、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える作用があります。冷たいものばかり食べたくなる夏は胃腸の働きが弱まりがち。オクラを食べることで胃腸が整い、食欲を改善する効果も期待できます。 

 

さらにリコピンが豊富なトマトやβカロテンを多く含むニンジンなど、色の濃い野菜もプラス。味わい深くなるだけではなく、紫外線の強いこの時期にダメージから肌を守る栄養がとれます。 

 

またスパイスは食欲を増進するだけでなく、血流を良くする働きも。冷房などで知らず知らずに冷えがちな体を温め、巡りを良くすることによって夏バテの防止につながります。 

一つひとつじっくり炒めて、うま味と栄養を凝縮! 

今回使用するスパイスは、クミンシード、ターメリック、コリアンダーパウダー、カイエンペッパー。辛味には青唐辛子を使用すると、本格的な味わいになるのでおすすめです

辛さは青唐辛子の量で調節しますが、お子さまのいるご家庭用にレシピは辛さを少なめにしています。辛いのがお好きな方は、青唐辛子の量を増やしてください。また「子供がいるけれど、自分は辛いのを食べたい」という方のために、カレーにプラスできる「追い辛味」レシピも最後にお届けします。

 

今が旬なので、ぜひお試しください。 

 

【材料】(4~5人分)

オクラ 10~12本 

トマト 2個 

にんじん 1/2 

玉ねぎ 1個 

ニンニク 1かけ 

ショウガ 1かけ 

ひき肉 500g 

青唐辛子 1本 

クミンシード 小さじ1/2 

ターメリック 小さじ1 

コリアンダーパウダー 小さじ1/2 

カイエンペッパー 小さじ1/2 

塩 小さじ2 

砂糖 大さじ1/2 

無糖ヨーグルト 大さじ3 

 

【作り方】 

1. 材料をカットします。 

オクラは1本を2~3等分に、青唐辛子は小口切りにします。 

トマトは小さくカットし、玉ねぎ、にんにく、ショウガはみじん切りに、にんじんはすりおろします。 

 

 

2.オクラを中火で軽く焦げ目がつくまで炒めます。あらかじめ炒めることで香ばしさが出るだけでなく、ウブ毛処理の効果も。 

 

3.オクラを取り出したフライパンに、オイル(太白ゴマ油かコメ油)を大さじ1ほど入れ、クミンシード、青唐辛子、にんにく、ショウガをさっと炒め、玉ねぎを加えて炒めます。 

 

全体が茶色くなり、一つにまとまるまで中火で20~30分ほどじっくり炒めましょう。 

ここで塩ひとつまみを入れて炒めると、水分が早くでて炒め時間を短くできます。 

焼き色がついてきたら、小さじ1くらいの差し水をして、おこげを馴染ませながら炒めると旨味が増します。 

 

上の写真の状態になったらOKです。 

 

4.トマトを加えて水分がなくなるまで炒め、すりおろしたにんじんを加えて水分がなくなるまで炒めます。このようにその都度、水分をとばしていくことがポイントです。 

5.ヨーグルトを加えて炒めて全体がなじんだら、ターメリック、コリアンダーパウダー、カイエンペッパー、塩を加えて炒めます。これでカレーの素が完成です。 

カレーの素は冷凍保存できるので、たくさん作っておくのもおすすめ。カレー以外にスープや炒め物にも活用できます。 

 

6.ひき肉を加えて炒めます。今回は豚肉を使用していますが、よりこっくりさせたい場合は合いびき肉や牛肉、さっぱり食べたい場合は鶏肉でも良いでしょう。 

7.水300ccと2のオクラを加えて軽く煮て、最後に砂糖を加えてできあがり。今回はライムを添えてショウガの千切りをトッピングしましたが、温泉たまごもおすすめです。 

 

辛いものがお好きな方におすすめの「追い辛味」レシピ 

オイル(太白ゴマ油かコメ油50~80ccを火にかけます。ふつふつしてきたら小口切にした青唐辛子1~2本を加えて火を止めます。これをカレーの上にプラスすることで辛さもUPクローブやコリアンダーパウダーなどのスパイスも青唐辛子と一緒に加えると風味が加わってよりスパイシーな仕上がりに。 

まとめ

夏に必要な栄養がつまったオクラのスパイスカレー。食欲のない時にもきっとおいしくいただけるはずです。 

そして食べることで血流が促されるので、食事前のLypo-Cがおすすめスパイスの効果でビタミンCを体中に巡らせましょう。 

 

 

志津野倫子さん
料理研究家。ケータリングチーム「AMIGO KITCHEN」主催、スイーツ担当。オートクチュールのスイーツが好評。
ウエディングケーキ、撮影用ケーキ、レシピ提供、テーブルスタイリングなどスイーツから広がる様々な分野で活躍中
101 View 1 Like & Share
2022年07月19日作成 └#リポカプセル認定レシピ
ランク位

RECOMMEND

推薦記事