MENU

 

世界に学ぶ癒やしと綺麗の智慧 vol.4|アメリカ・ハワイ島

2022年04月25日更新
世界に学ぶ癒やしと綺麗の智慧 vol.4|アメリカ・ハワイ島

SUMMARY

  1. ・ハワイ島屈指の聖地“マウナラニ(天国に手が届く丘)”
    ・大地のパワーを享受するスパとパワースポット巡り
    ・まとめ

世界中のホテルスパを取材し、各地の健康や美のルーツを体験し続けている、トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが執筆するコーナー。

毎月、1地域にフォーカスを当て、その土地に根づく“おばあちゃんの知恵袋”的なウェルネスメソッドを、スパのリチュアルやトリートメント、文化体験などから紐解いていきます。

その土地の健康法を探りながら、世界を一緒に旅してみませんか?

今回は、アメリカ・ハワイ島にある「マウナラニ オーベルジュ&リゾーツ コレクション」についてです。

ハワイ島屈指の聖地“マウナラニ(天国に手が届く丘)”

ハワイ諸島の中で、最も新しく広大なハワイ島。

ポリネシアで崇拝される大地と火の女神・ペレが住むといわれ、真っ赤なマグマが固まって生じた黒々とした大地は、壮大なエネルギーに満ちています。
中でも、ひときわ聖なるパワーに満ちあふれるカラフイプアアにあるのが「マウナラニ オーベルジュ&リゾーツ コレクション」です。2020年2月、長いリノベーション期間を経てリブランドオープンしました。

ロビーには、地元アーティストが手掛けたハワイ島の海と山をイメージしたウォールアートや伝統のコアの木で造られたカヌーが置かれ、幸せそうに暮らす鳥たちのさえずりが聞こえ、一歩足を踏み入れた瞬間に、安らかな空気に包まれます。
また、ビーチフロントにあるレストラン「カヌーハウス」でシェフを務めるのは、マット・ラソ氏。
ダラス、ホノルル、マイアミの「NOBU」で活躍し、ハワイと日本をこよなく愛する彼の料理は、生命力あふれる島の素材を、だしを使って調理するなど、日本人が和める味わいです。

大地のパワーを享受するスパとパワースポット巡り

ハワイの伝統療法といえば、風向きや波の音に合わせ、リズミカルに手のひらや肘を使って全身をほぐすオイルマッサージ「ロミロミ(ロミは揉むという意味)」です。もちろん、こちらのスパでの体験もおすすめしますが、まずは「マウナラニ シグネチャー ボディ スクラブ」の体験を。最初に、ハワイで古くから、肌の古い角質を除去し、人のエネルギーを清めるといわれてきたハイビスカスやパパイヤのエッセンスを配合したハワイアンソルトで全身をスクラブ。

その後、ビタミンAとCが含まれ、抗酸化&抗炎症作用のあるハワイアンターメリックオイルで全身マッサージが行われます。トリートメント後、肌はサテンのようになめらかになり、ジェットラグもすっきり解消されます。

さらに、このホテルでの貴重な癒し体験として、予約したいのが「ヒストリック ウォーキング」。伝説の語り部ダニー・アカカ氏(通称ダニーおじさん)とともに、ハワイ五山のへそ(中心)といわれ、世界有数のパワースポットでもある、敷地内の池「フィッシュポンド」を歩きます。「アフ(祭壇)」と呼ばれる聖なる場所や、オーラが見えるといわれる洞窟などへも案内されます。自分の内面を整え、他人を思いやるという彼のアロハ精神が伝わってきて、心が洗われる時間となるでしょう。

まとめ

長いコロナ禍で感じるストレスや閉塞感を抱えているという読者の皆さんも、ハワイの大自然を実感するトリートメントやダニーおじさんとのウォーキングで、心身をデトックス! また、たとえ自由な渡航が叶わない時も、居るだけで安らかな気持ちになれる自分にとっての聖地を訪れてみるのもいいでしょう。きっと、本来の自分らしさを取り戻し、新たなエネルギーが沸き上がってくるはずです。

 

Mauna Lani , Auberge Resorts Collection
マウナラニ オーベルジュ&リゾーツ コレクション
68-1400 Mauna Lani Drive,Kamuele,HI
℡+1-808-657-3294

 

マウナラニ シグネチャー ボディ スクラブ 50分 US$240(税・サ、チップ別)、
ヒストリック ウォーキング 60分 無料(要予約)
アクセス/コナ国際空港から車で約35分。
<レート>
1US$≒120円(2022年3月下旬現在)

 

トラベル&スパジャーナリスト
板倉由未子
Yumiko Itakura
『25ans』などの編集者を経て現職に。世界を巡り、土地に息づく癒し、健康、食、文化をテーマに、各メディアで五感に訴える旅企画を提案&執筆。
政府の国際機関や観光局、企業主催のセミナーなどでも、スピーカーを務める。また、イタリア愛好家としても知られ、『イタリアマンマのレシピ』(世界文化社刊)を構成&執筆。
Photos: Yumiko Itakura
41 View 0 Like & Share
2022年03月25日作成 └【連載】世界に学ぶ癒やしと綺麗の智慧
ランク位

RECOMMEND

推薦記事