MENU

 

【メディア掲載情報】 夏に敗けないカラダと肌づくりを!

2021年06月30日更新
【メディア掲載情報】 夏に敗けないカラダと肌づくりを!

SUMMARY

  1. ・夏の紫外線対策のおすすめアイテム
    ・美肌へ導くアイテム
    ・夏バテや熱中症の予防にも
    ・まとめ
こんにちは。
陽射しや暑さに夏の訪れを感じる日が多くなってきました。 皆さま、本格的な夏を迎える準備はできていますか?
高温多湿な日本の夏は、身体にも肌にも過酷な季節。 特にここ数年はゲリラ豪雨など気候の変動も激しく、身体が疲労しやすい気もします。 クーラー、紫外線、熱中症、夏バテ…。暑い日が続くことで起きる肌や身体の不調。このくらいなら大丈夫と思って、つい何となく過ごしていると夏の暑さに敗けてしまいます。
もっと夏を楽しみたい!そのためにも、しっかり体の内側からも紫外線・夏バテ対策をしていきましょう。
夏が始まる前のサポート役として、数々のメディアで掲載いただいています。

夏の紫外線対策のおすすめアイテム

紫外線が体内に入ることにより、細胞内で活性酸素が発生し、細胞やDNAを傷つけたり、酸化及び老化を進めてしまいます。
広く知られているように、紫外線が体内に入ることにより、細胞内で活性酸素が発生し、細胞やDNAを傷つけたり、酸化及び老化を進めてしまいます。夏の美容と健康のキーワードは「抗酸化」と言われるほど。
日傘や、日焼け止めなどで外から紫外線を防ぐのと同時に、インナーケアで体の中の抗酸化力を高めておくことが大切です。

美肌へ導くアイテム

美肌の基本的なケアは、外側からのアプローチのみならず、内側からのケアも一緒に行うと効果的です。

季節に合わせたスキンケアはもちろん、食事やサプリメントなどで必要な栄養素を十分に摂取することは肌の弾力や、キメ細やかさへの近道となります。

夏バテや熱中症の予防にも

これからの季節は夏バテ対策もしっかりすることが大切です。 夏バテとは、「体がだるい」「食欲がない」「疲れやすい」「寝不足」といった夏の暑さによる体調不良の総称。 暑い日には、つい冷たいものを食べたり飲んだりしてしまい、知らず知らずのうちに胃腸に負担をかけています。

また、さっぱりしたメニューに偏りがちになると栄養バランスはさらに崩れていくことも。
夏は暑さなどにより、活性酸素も溜まりやすくストレスに対する抵抗力も低下しがち。 汗もよくかくので、ビタミンやミネラルのバランスにも日中は特に気をつけたいものです。
バランスの良い食事を意識し、十分な栄養を摂ることでストレスケア・疲労回復を図りましょう。

そして、同時に大人も子どもも気をつけたいのが熱中症。熱中症対策には早めの対策が肝心です。 熱中症は、水分補給だけでは防げません。
夏バテ対策同様、栄養バランスをととのえて、暑さに敗けない体づくりを意識することも重要です。

まとめ

蒸し暑い季節は肌も体も、心も何かと疲れがち。 美容にも、健康にも。 インナーケアを意識して疲れ知らずの夏を迎えましょう。
749 View 1 Like & Share
2021年06月17日作成 └メディア掲載情報
ランク4位

RECOMMEND

推薦記事