MENU

 

この冬、体温を意識してください。

2021年09月15日更新
この冬、体温を意識してください。

SUMMARY

  1. ・Lypo-C Vitamin C presents 360°とは?
    ・温活のご提案
    ・温活に大切な7つのポイント
    ・温活アンケート (プレゼント企画)

Lypo-C Vitamin C presents 360°は、今こそ皆さまに切実に取り組んで欲しいHealth+ing(積極的に健康を求めること)を、ご提案していくイベントです。
この冬ご提案するHealth+ingは「温活」です。~

 

 

冬は気温の低下に伴い、私たちの体温が奪われます。

 

ヒトの体が正常に機能し健康を維持するには、日常生活の中で体を冷やさないようにすると共に、適正な体温まで基礎体温を上げることが大切です。

 

現代人の基礎体温は、約半世紀前と比較すると0.5℃~1.0℃ほど低い傾向があるそうで、原因はストレスや運動不足、食生活の変化などと推察されます。

 

冷え性に悩んでる人も少なくないのではないでしょうか?

 

「冷えは万病のもと」とはよく言われますが、冷えは血流を低下させ、血管や脳、心臓の疾患にもつながることもあるそうです。

 

この冬、Lypo-C Vitamin C presents 360°にご参加いただき、体を温める活動「温活」を通して自身の身体と向き合い、健康を考えることのきっかけになれば幸いです。

 

さて、まずは温活に大切なポイントを押さえてください。

 

Point 1 「じぶん」を知る。

ご自分の体温をご存じですか?温活のスタートは「じぶん」を知ることから。体温を測ってみましょう。(厚生労働省の資料によると、ヒトの体は概ね36℃~37℃になるよう調節されているようです。)

 

体温は1日の中でも変化があり、起床時がもっとも低く、お昼過ぎまで上昇し、そこから夜にかけて下降していきます。同じ時刻で体温を測るとご自身の変化をウォッチしやすいです。

 

Point 2 呼吸法

新鮮な空気を取り入れることを意識して、呼吸をしてみましょう。深い呼吸を意識することは、酸素を取り入れたり、自律神経のバランスを整えることが期待できます。

 

ストレス下では自律神経の交感神経が優位になり、呼吸は浅く、筋肉が緊張し、末端の血管が収縮しています。これにより血液が末端まで充分に行き届かず、手足が冷えてしまうのです。

 

そんな時、ゆっくりと腹式呼吸をすると副交感神経が優位になり血流が促進され、血液が手足の先まで行き渡り、あたたまります。

 

Point 3 「まごわやさしい」+「C(しー)」

食事をすると、摂取した栄養素が分解され体熱となって消費されます。このため体温が上がります。

 

朝起きた直後は体温が最も低い状態ですから、朝食を摂ることで体温を上げ、昼間に活動するエネルギーとすることが大切です。

 

体内では筋肉を作ったり、新陳代謝をしたり様々なメカニズムで様々な栄養素が必要になります。そのため、「食の栄養バランス」が大切です。

 

食の考え方には色々な視点がありますが、昔から言われている「まごわやさしい」は、栄養バランスの良い食材選びの目安です。

 

「まごわやさしい」食材(ま=豆類、ご=胡麻やナッツなど、わ=ワカメなど海藻類、や=野菜、さ=魚貝類、し=椎茸などキノコ類、い=芋類)には、ビタミン・ミネラルも豊富なので積極的に摂りましょう。

 

ちなみに12月13日は明治43年に鈴木梅太郎博士がビタミンB1を発見した日であり、ビタミンの知識の普及のためビタミンの日となっています。

 

Point 4 よく噛む(咀嚼)

「よく噛む」ことは美容にも、健康にも良いことばかり。温活においては、食べ物を消化しやすい形に変えることで食事から摂った栄養素を効率よく吸収することにつながります。

 

また、噛むことで脳が刺激されると交感神経が働き、内臓脂肪が燃焼されることで体温を上げます。

 

Point 5 温める(入浴)

温活の基本は、冷やさないこと、温めること。湯船にゆっくり浸かることは、この時期の冷えた身体を温めるだけでなく、血流を促すことが期待できます。

 

血行をよくすることは体温を上げるためにとても大切です。血液は全身に熱も運びます。

 

Point 6 適度な運動

身体を動かすことは温活でも大切なポイントです。運動習慣のない方は、ウォーキングやスクワットなど手軽にできることから始めてみませんか?

 

基礎代謝は加齢によって低下します。運動をして適度な筋肉をつけることが基礎代謝のアップ、体温アップにつながります。

 

Point 7 じぶんを大切にするセルフケア

例えば、一日の終わりに、疲れをリセットするセルフマッサージをしましょう。特に、手や足は血液循環が悪くなりやすい場所で、冷えやむくみを感じやすい方の温活におすすめのケアポイントです。

 

第2の心臓といわれるふくらはぎは、血液を心臓に送り返す役割を担っています。足の血行を改善して、全身の血行も促進しましょう。

 

 

温活は冷えを放置せず、日頃から「あたためること」を意識することが大切です。
ご自身の生活スタイルに合ったものを取り入れて頂ければ幸いです。

 

(参考)

生理 - 厚生労働省

自律神経失調症 - 厚生労働省

食事誘発性熱産生 / DIT - 厚生労働省

あなたは何回噛(か)んでいますか? - 厚生労働省

健康になる!お風呂の効用 - 日本医師会

基礎代謝量 - 厚生労働省

"第二の心臓"足に気配りを! - 千葉県医師会

 

温活アンケート

まずは、「じぶん」を知ることから、はじめてみませんか?

 

大切なのは、温活を少しずつ毎日のルーティンに取り入れていくこと。
ご自身の“心”動く温活を取り入れてみましょう。

 

今日からできる1日ひとつを見つけ実践してみることで、ご自身の身体の声に意識を向けるきっかけとなれば幸いです。

 

毎朝できるだけ同じ時間に体温を測り、温活によって体温に変化があったかをチェックし、1日に1回ずつ3回入力してください。

 

ご入力可能期間:12月13日(日)~1月10日(日)

 

※この企画は終了しました。

 

3回全て入力して頂いたリポカプセル公式サイト会員の方全員に、Lypo-C 3包セットをお送りいたします。

※メールアドレスは会員登録済みのものをご入力ください。
※Lypo-C3包セットは、2021年1月11日(月)より順次発送いたします。

 


【編集後記/西川雅明】

温活は血流と密接に結びついています。

血流がいいと、ターンオーバーがスムーズに行われたり、水分が行き渡って乾燥肌が改善されたり、顔色がよくなったりと美容にもいいことづくめです。

 

この冬の美活は、温活から始めてみませんか?

 


<Lypo-C定期購入のご案内>

最近、とてもご好評で多くの皆様がご登録されているLypo-C定期便(定期購入)があります。定期便ではLypo-Cをお召し上がりいただく目的や、季節の変化に合わせてのプレゼントをご用意しております。この機会に是非ご検討ください。
※恐れ入りますが、定期購入はお申込み後、3回以上の継続をご利用条件とさせていただいております。それ以降はマイページからお客様自身で休止・解約がおこなえます。

<対面販売を大切にする理由>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは対面での販売を基本にしています。
それは、お客様ご自身で選んでいただくことを大切にしたいと考えているからです。
Lypo-Cを販売しているクリニックや事業所では、対面でコミュニケーションを取り、商品の特徴、お一人お一人に合った使い方、そしてなぜそれが必要なのかお伝えしています。
その上でお客様ご自身が判断して購入され、目的や体調に合わせた飲み方を選択していただくこと。 その事こそがこの商品のメリットを最大に享受していただける方法です。

 

< ビタミンCはリポソームで>

私たちは、「リポソームのビタミンCの素晴らしさを99%の人たちに届けたい」という想いでLypo-Cを扱っております。

 

リポソームのビタミンCをわかりやすくご理解いただくためのMovieを是非ご覧ください。

 


この記事が良いと思ったらSNSでいいね!もしくはシェアしてください。
記事の引用は歓迎します。引用元を明記してご利用いただければ幸いです。
それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

 

337 View 0 Like & Share
2020年12月13日作成 ★ 特別企画
ランク16位

RECOMMEND

推薦記事